6月

6月25日 <朝鮮戦争が勃発(1950年=昭和25)>

1950年(昭和25)のこの日、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国との境界線、北緯38度線で両軍の戦闘が始まりました。

これは昭和時代の出来事です。少し詳しく覗いてみましょう。

これは2分程度で読める記事です。
広告


1.解説

 

日本の第2次世界大戦敗戦後、アメリカに占領された北緯38度線以南の地域には1948年(昭和23)8月に大韓民国(韓国)が成立し、ソヴィエト連邦に占領された北緯38度線以北の地域には同年9月に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が成立していました。

38度線を境にしていた米ソですが、1950年(昭和25)1月にアメリカと韓国とが米韓相互防衛援助協定を、そして同年2月に中華人民共和国とソ連とが中ソ友好同盟相互援助条約を締結し、世界の2つの超大国が激しく対峙していました。

 

そうしたなか、1950年(昭和25)のこの日、北朝鮮は全半島の武力統一を図って北緯38度線を越え、韓国軍との間での戦闘を始めたのです。朝鮮戦争の始まりです。

北朝鮮軍は、ソ連の全面的援助を背景に飛行機・戦車などを駆使し圧倒的な兵力差をもって韓国軍を撃破し、同年6月28日には韓国の首都ソウルを陥落させました。

同年7月には、この朝鮮戦争は北朝鮮軍と韓国軍を助けるアメリカ軍=国連軍との戦闘に発展しました。これは、6月に緊急招集された国連安全保障理事会がソ連欠席のまま、北朝鮮を侵略者と断定し、アメリカの思惑通り、国連軍による軍事制裁を決定し、その国連軍の指揮をアメリカに委ねる決定をしたからです。

日本では臨戦態勢が敷かれ、九州の小倉・八幡・門司などに警戒警報発令・灯火管制が敷かれました。

 

この朝鮮戦争ですが、1953年(昭和28)7月に板門店で休戦協定が調印され現在に至っています。

最近の南北融和、米朝関係の改善の動きが、今後朝鮮戦争の終結に向かう可能性があり、今後の動きには注目していかねばなりませんね。

 

2.他の年、この日の記事

他の年には、こんな記事を書いています。こちらも併せて御覧下さい。(記事が先の日付の場合は表示されません。当日にならないと公開しないように予約投稿しているためです)。

今日はここまでです。

広告



こちらのリンクからは他の方のblogをご覧頂けます。日本史に関する様々な情報満載ですよ。一度だまされたと思ってポチッ!とな…とされては如何ですか?
↓↓↓

日本ブログ村

人気ブログランキング

-6月
-

Translate »