5月 出来事

5月11日 <木曽義仲、倶利伽羅峠の戦い(1183年=寿永2)>


今日という日はどんな日でしょうか?

日本史の中の出来事を覗いてみましょう。

これは2分程度で読める記事です。

1.出来事ピックアップ

 

1183年(寿永2)の今日、木曽義仲こと源義仲は、越中と加賀との境の倶利伽羅峠(くりからとうげ)で平氏の大軍に夜襲を掛け、壊滅させました。

 

2.解説

 

源頼朝が以仁王の平氏追討の令旨を受け取り、挙兵した話を4月27日の拙blogで記事にしましたが、今日は、頼朝の従弟(いとこ)の源義仲(みなもとのよしなか)の話です。4月27日の記事へのリンクを貼り付けておきますね。

4月27日 <頼朝、以仁王の令旨を受ける(1180年=治承4)>

 

頼朝の従弟源義仲は、頼朝より1ヶ月ほど遅れて1180年(治承4)9月に信濃国で挙兵しました。

 

義仲は、徐々に近隣の武士を従え、1181年(養和元)6月、平氏の命を受けた越後の豪族城氏(じょうし)の攻撃を退けて北陸道に進出しました。北陸道諸国には反平氏の気運で盛り上げっており、義仲の勢力は急激に拡大していきました。

 

1183年(寿永2)、雪解けを待っていた平氏は平維盛(たいらのこれもり)を大将として総力を結集した大軍を派遣しました。

 

平氏の大軍の前に、越前・加賀の武士たちは敗北を喫します。勝ち進んで調子づいた平氏の義仲追討軍は、いよいよ越中にまで進んできます。一方の義仲は、信濃・上野・越後などの武士を率いて全力でこの平氏を迎え撃ったのです。

 

1183年(寿永2)5月11日、越中と加賀との境、礪波(となみ)山の倶利伽羅峠の夜戦において、軍記物語では10万余騎、当時の貴族の日記では4万余騎という平氏の大軍を、義仲の軍勢は壊滅させたのでした。

 

その勢いにのって、義仲軍は敗走する平氏軍を追って加賀国篠原でも勝利し、そのまま京都に攻め上がったのです。畿内の武士や寺社勢力も一斉に平氏に反旗を翻(ひるがえ)し、同年7月、平氏一門はついに京都から追い落とされたのでした。そして、平氏は再び京都に戻ることはありませんでした。

 

この倶利伽羅峠の戦いは、牛の角に松明を結んで夜襲を掛けたと「源平盛衰記」で伝えられる一戦ですが、その牛云々の話は、どうやら創作のようです。

 

今日はここまでです。

広告




こちらのリンクからは他の方のblogをご覧頂けます。日本史に関する様々な情報満載ですよ。一度だまされたと思ってポチッ!とな…とされては如何ですか?↓↓↓

日本ブログ村

人気ブログランキング

-5月, 出来事
-

Translate »