4月 出来事

4月8日 <信長、ルイス・フロイスと会う(1569年=永禄12)>

2017/04/13


今日という日はどんな日でしょうか?

日本史の中の出来事を覗いてみましょう。

これは5分程度で読める記事です。

1.出来事ピックアップ

 

1569年(永禄12)の今日、織田信長ははじめて宣教師のルイス・フロイスに面会し、その京都居住と布教を許可しました。

 

2.解説

 

京都でのキリスト教の布教活動はなかなか進みませんでした。1549年(天文18)フランシスコ・ザビエルが来日して以降、北九州への布教は進み、その影響は畿内にも及ぶようになっていました。

 

そして1559年(永禄2)には、ガスパル・ビレラが比叡山の僧侶の招きによって入京し、民衆の嘲笑や僧徒の迫害にもめげず布教につとめた結果、ついに1560年(永禄3)室町幕府第13代将軍足利義輝から布教の認可を貰ったのでした。

 

1565年(永禄8)1月には新しく長崎の平戸から宣教師ルイス・フロイスが着任し、足利義輝から厚遇を受けています。しかし、同年5月に、義輝が松永久秀らに亡きものにされると、状況は一変します。京都の法華宗徒たちがキリスト教弾圧を行い、同年8月2日には、宣教師追放令が出され、フロイスは堺まで退かざるを得ませんでした。

 

この様な経緯もあり、その当時、京都で足利義昭の為に二条の館を造営をしていた織田信長が、このキリスト教をどのように扱うか、さぞ注目されていたことでしょう。

 

信長は、摂津芥川城主の和田惟政(わだこれまさ)の紹介で堺から入洛したフロイスを一度は拒否しました。ところが、和田惟政も粘り強く信長に頼み込んだ結果、1569年(永禄12)4月8日織田信長とルイス・フロイスとの面会が実現したのでした。

 

この面会のあと、フロイスは同年6月1日付のローマ宛の書簡で信長についてこのように書いています。少し長文ですが、面白いですよ。

 

この尾張の王は、年齢37歳なるべく、長身痩躯、髭少し、声ははなはだ高く、非常に武技を好み、粗野なり。正義および慈悲の業をたのしみ、傲慢にして名誉を重んず。決断を秘し、戦術に巧みにしてほとんど規律に服せず。部下の進言にしたがうことも稀なり。かれは諸人より異常なる畏敬を受け、酒を飲まず、みずから奉ずることきわめて薄く、日本の王侯をことごとく軽蔑し、下僚に対するがごとく肩の上よりこれに語る。諸人は至上の君に対するがごとくこれに服従せり。よき理解力と明晰なる判断力とを有し、神仏その他偶像を軽視し、異教のいっさいの卜(うらない)を信ぜず、名義は法華宗なれども、宇宙の造主なく、霊魂の不滅なることなく、死後なにごとも存せざることを明らかに説けり。その事業は完全にして巧妙をきわめ、人と語るにあたり、紆余曲折を悪(にく)めり

 

こういった信長の個性が見事に描かれた文章で、フロイスの観察眼は鋭かったんですねぇ。最初は会うのに気が進まなかった信長ですが、会うと、フロイスを質問攻めにして1時間半〜2時間も語り合ったそうです。

 

この話は面白いので、また来年のこの日に!

 

今日はここまでです。

広告




こちらのリンクからは他の方のblogをご覧頂けます。日本史に関する様々な情報満載ですよ。一度だまされたと思ってポチッ!とな…とされては如何ですか?

↓↓↓

日本ブログ村

人気ブログランキング

-4月, 出来事
-

Translate »