4月 出来事

4月10日 <皇太子殿下(今上天皇)の結婚パレード(1959年=昭和34)>

2018/04/10

1959年(昭和34)のこの日、今上天皇、皇后両陛下は御結婚になられました。午後から行われたパレードでは53万人の人々が沿道で祝福をおくりました。

これは昭和時代の出来事です。少し詳しく覗いてみましょう。

これは2分程度で読める記事です。
広告


1.解説

 

今上天皇、皇后両陛下は、1959年(昭和34)4月10日に御結婚になられました。

 

当時、皇太子であらせられた明仁親王殿下は、軽井沢の親善テニス・トーナメントでご対戦なさった正田美智子さんの人となりにお惹かれになり、お妃候補にと自ら仰せられたそうです。

 

そして、1958年(昭和33)11月27日の皇室会議で承認を得られ、婚約が発表されました。

 

今では、何でも無いことでしょうが、当時は皇室のしかも皇太子殿下の御縁談に平民から相手が選ばれた、というのは非常に大きな驚きをもって迎えられた様です。現在であれば、皇太子徳仁親王殿下のお相手の小和田雅子さん、秋篠宮文仁親王殿下のお相手の川嶋紀子さんも平民なので何も違和感を感じないのでは、と思います。

 

御結婚の当日は,暖かな日差しに恵まれ,10時過ぎから皇居で皇太子明仁親王殿下と正田美智子さんとの結婚式・朝見の儀などが行われました。

午後2時半からパレードです。皇居二重橋から桜田門・半蔵門・四谷・神宮外苑・青山を経て渋谷常磐松の東宮仮御所までの8.9kmの沿道には53万人もの人々が埋め尽くし、108台のテレビカメラが据えられました。その中を6頭立ての御陵儀装馬車を中心に139mにも伸びた行列が進み、両殿下は沿道からの祝福をお受けになられました。

この日に間に合うように開局したテレビ局は8局あり、また受信契約数も200万台に達しました。その頃は丁度岩戸景気の真っ只中で白黒テレビの売上が急増し、このご成婚もテレビ時代のきっかけを作ったと言えましょう。

 

この御結婚の前年に行われた婚約記者会見で初対面の印象を訊かれた美智子さんの皇太子評は

「ご清潔で、ご誠実で、ご信頼申し上げられる方」

でありました。これはミッチー・ブームとともに流行語にもなりました。

 

2.他の年、この日の記事

他の年には、こんな記事を書いています。こちらも併せて御覧下さい。(記事が先の日付の場合は表示されません。当日にならないと公開しないように予約投稿しているためです)。

 

今日はここまでです。

広告



こちらのリンクからは他の方のblogをご覧頂けます。日本史に関する様々な情報満載ですよ。一度だまされたと思ってポチッ!とな…とされては如何ですか?
↓↓↓

日本ブログ村

人気ブログランキング

-4月, 出来事
-

Translate »